男性型脱毛症を治すには薬?薄毛対策のグッズも紹介!

ベランダで座っているロングヘアの男性男性型脱毛症は放置していると少しずつ進行していきますが、早めに対応することでその進行を抑えることができます。薄毛対策の方法としては、様々なグッズを利用して自宅で頭皮ケアを行うという方法もあれば、医療機関で治療を行うという方法もあります。
グッズを利用する方法としては、薄毛対策のシャンプーや育毛剤を利用する、サプリメントで髪の成長に良いとされる成分を補っていくという方法があります。さらに頭皮マッサージも効果的ですので、頭皮まっサージャーなどを利用して血行促進させることも効果的です。すぐに効果が現れるわけではありませんので、毎日根気よく努力を続けていくことも大切です。
そして、よりしっかりと改善の効果を得たいというのであれば、男性型脱毛症の治療も検討してみましょう。治療も様々な方法があり、HARG療法や自毛植毛も注目されていますが、まだあまり進行していないという場合はプロペシアやミノキシジルなどの医薬品を利用した治療が行われることが一般的です。
そして、こうした治療は薬を使うこととなりますので副作用も気になるところです。ミノキシジルはもともと高血圧の治療薬なので、内服の場合は血圧が下がりすぎるという可能性もありますが、頭皮に塗布するタイプであればそういった心配はあまりないと言えます。頭皮をにつけるタイプであれば、かゆみや赤味が出ることもあります。
それから飲むタイプのプロペシアでは個人差はあるものの、性欲の減退、勃起不全など性機能に関する変化が出ることもあるとされています。性機能以外では頭痛、腹痛などが出る場合もあるとされています。安全性の優れた薬ですが、治療中になんらかの体調の変化を感じたら早めに医師に相談しましょう。