プロペシアと同じ効能を食品で得る方法とは

男性の頭髪に薄毛が生じた際、その原因を紐解くとストレスや食生活などの生活習慣や、あるいは頭皮の衛生状態の悪化、さらには男性型脱毛症と呼ばれる病気が関係している場合が多いものです。これらの原因を特定した上でしかるべき対策や治療を行うことで大きな改善効果が期待できます。
コロッケ

その中でも男性型脱毛症は最近特に注目を集めており、これを治療するには皮膚科や美容クリニックなどの専門医療機関を始め、内科や外科などのクリニックでも簡易的な治療が受けられる場合もあります。そのおおまかな発症メカニズムとしてはまず精巣で作り出されるテストステロンと言う男性ホルモンが頭皮の5αリダクターゼという酵素と反応しDHTを作り出します。これが毛乳頭にて感知されるとたちまち頭髪の成長サイクルを乱す原因として作用し始めるのです。

この男性型脱毛症の治療方法として最も知られるのがプロペシアという特効薬の処方でしょう。服用すると5αリダクターゼの働きを抑制できるのでDHTが作り出される分量も抑えることができ、頭髪を正常化へと導くことが可能となります。ただしプロペシアには副作用として性欲減退や勃起不全、鬱、肝機能障害、初期脱毛などのリスクも伴っており、これらを不安に思う人、あるいは最初の血液検査や遺伝子検査で耐久性が無いと判断された場合には処方が難しくなります。さらに薄毛治療は保険適応外なため医療費が高額になることも覚悟しておかねばなりません。

ただし、医療機関を受診しなくてもプロペシアで得ることのできる効能を食品などで得ることも可能な場合もあります。例えば豆乳や納豆などの大豆食品はその中に含まれるイソフラボンがDHTの生成を抑制してくれるため頭髪の成長サイクルの乱れを正常に戻してくれる力があります。またノコギリヤシなども同様の効果を持っており、これらの成分を含む食品や健康食品、育毛剤などにも注目が集まっています。